MENU

デリケートゾーンの臭い対策商品を選ぶ3つのポイント

ポイント1:デリケートゾーン専用の商品を使用する

 

デリケートゾーン におい

 

デリケートゾーンの臭いの原因は、汗や皮脂、おりものなどによって繁殖した雑菌だと言われています。
「お風呂で毎日きちんと洗っているのにどうして?」と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。
実は、雑菌が繁殖する原因の一つが、「洗い過ぎ」にあるそうです。
殺菌力の強い石鹸やボディソープでゴシゴシと洗うことで、お肌の菌バランスが崩れてしまうのだとか。
お肌には本来、常在菌と呼ばれる菌が存在しており、悪臭の原因となる悪玉菌をやっつけてくれています。
しかし、殺菌力の強い石鹸やボディソープを使うことで、お肌にとって必要な常在菌まで殺してしまっているそう。
その結果、臭いの原因となる悪玉菌が増えてしまうんですって。
さらに、お肌が乾燥すると、皮膚を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまうのだとか。
皮脂が分泌されることで、雑菌が繁殖して匂いだけでなく様々な肌トラブルを引き起こしてしまうんですね。
清潔な人ほど、臭いやすいなんて皮肉な話です。
デリケートゾーン専用のソープの特徴は「洗いすぎない」こと。
お肌に少ない刺激で優しく洗うことで、本来の菌バランスを取り戻すことができるんですって。

 

 

ポイント2:安心安全な成分の商品を選ぶ

 

デリケートゾーン におい

 

臭いだけでなく、かぶれや肌荒れなどデリケートゾーンの悩みは多種多様です。
他人に相談することもできず、気軽に病院へ行けるパーツでも無いので一人で悶々と悩む人も多いのでは。
デリケートゾーンは腕や脚の皮膚と異なり、粘膜なので角質がありません。
角質は水分と油分の層から成っており、異物が皮膚細胞の深部に浸透するのを防ぐ役割があります。
私たちが普段スキンケアに使用している化粧水やクリームも実は角質層に阻まれて、真皮までは到達していないんです。
一方、粘膜には角質が無いため、化学成分や界面活性剤の刺激をダイレクトに受けてしまいます。
陰部の経皮吸収率は腕の約42倍という報告もあるのだとか。
敏感肌の人であれば、下着に付着した合成洗剤や柔軟剤の成分で肌荒れやかぶれを起こす人も多いそうです。
腕の42倍の経皮吸収率というのも、まんざら大げさな数字ではないのかもしれません。
臭い対策だけでなく、肌荒れやかぶれなど肌トラブル予防のためにもデリケートゾーンは専用ソープで洗いたいものです。
デリケートゾーン専用ソープを選ぶ際には、石油系界面活性剤不使用など安全性に配慮した商品を選ぶようにしましょう。

 

 

ポイント3:完全に無臭になるワケでは無い

 

デリケートゾーン におい

 

本来、健康な人のデリケートゾーンは無臭では無く、ある程度臭いがあるのが普通だそうです。
というのも、膣内にはデーデル桿菌と呼ばれる常在菌が存在しており、外部から雑菌が侵入するのを防いでくれています。
デーデル桿菌は乳酸菌の一種なので、かすかにヨーグルトのような酸っぱい匂いがするのだとか。
臭いに神経質になりすぎて、膣内まで洗浄してしまうとデーデル桿菌まで殺菌してしまいます。
その結果、かえって雑菌が繁殖しやすく匂いがキツクなってしまうこともあるみたい。
さらに、クラジミアやカンジダ、トリコモナスといった膣炎を引き起こす可能性もあるので要注意。
また、デリケートゾーンの臭いは、細菌性膣炎などの他、子宮筋腫や子宮がんといった病気が関係している場合もあります。
臭いを気にするあまり、強い香りで臭いをごまかして病気に気付かなければ本末転倒。
明らかに異常を感じるような強い臭いや、腐敗臭を感じた場合には、スグに婦人科で診察を受けましょう。

 

 

実体験から選んだおすすめのデリケートゾーン対策商品

アクアデオの特徴

水虫薬やニキビの治療薬にも活用されている殺菌成分イソプロピルメチルフェノールを配合。 さらに、臭いの原因であるアポクリン腺を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。 臭いそのものを抑制するだけでなく、臭いの原因にもアプローチしてくれる強力なデリケートゾーン専用デオドラント。 一見、ハンドクリームのようなおしゃれな見た目のパッケージなので人目を気にせずに携帯できるのもとても便利です。 また、伝票の商品名は無記名、箱にも商品名、会社名を印字しないなど、プライバシーに配慮した梱包で届くので、家族に内緒でも安心。 ラクトク便ならずっと40%OFFの5,980円で継続可能、継続するほどに割引率がアップしてお得。

価格 5,980円
タイプ クリーム
評価 評価5

ラヴージュの特徴

ラヴージュは専用ソープと保湿美容液がセットになったデリケートゾーン対策グッズです。 デリケートゾーン専用の生石鹸にはアルガンオイル、ダマスクローズ、ヴァージンココナッツオイル。 保湿美容液にはティーツリーオイルやユーカリオイルなど、天然成分にこだわっており素肌に優しい処方です。 ソープはチューブタイプ、保湿美容液はミストタイプなので、お泊りや旅行への携帯にもとても便利。 1ステップ1日80円~というコスパの高さも大きな魅力です。 毎月お届けならソープとローションのセットがずっと45%OFFの4,980円と大変お得。

価格 4,980円
タイプ ソープ&ローション
評価 評価4.5

アンボーテの特徴

タレントの住谷杏奈さんプロデュースのデリケートゾーン専用ソープ。 原材料の98.1%が天然素材、49.8%がオーガニック素材で出来ており、肌への優しさにこだわったソープです。 オーガニック認証エコサートも取得しており、赤ちゃんのお尻洗いとしても使用することができます。 デリケートゾーン専用ソープとは分からない、オシャレなデザインの容器も素敵です。 また、宅配伝票の商品名は雑貨、無地の段ボール箱で届くので、留守中に家族が受け取っても中身がバレる心配はありません。 定期購入なら初回限定71%OFFの1,980円、2回目以降は4,480円で購入可能。

価格 1,980円
タイプ ソープ
評価 評価4.5

イビサソープの特徴

ワックス脱毛サロン「イビサワックス」監修のデリケートゾーン専用ソープ。 イソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムの2種類の殺菌成分で臭いの元となる雑菌を徹底除去。 さらに6種類のジャムウ成分と5種類のビタミンを配合した贅沢な処方です。 泡で出るポンプボトルなので使いやすく、お風呂場に置きっぱなしでもデリケートゾーンソープだとバレる心配もありません。 また、配送の際にも宅配業者にも内容物が分からないように配慮されており、受け取りも安心。 28日以内なら返金保証があり、定期コースなら31%OFFの3,970円で継続可能です。

価格 3,970円
タイプ ソープ
評価 評価4

コラージュフルフル泡石鹸の特徴

抗真菌(抗カビ)成分と殺菌成分のダブルの作用で臭いだけでなく菌の繁殖を抑制。 膣カンジダの予防にも最適です。 弱酸性、低刺激性と赤ちゃんのお尻洗いにも使える優しさなので、敏感肌でも安心して使うことができます。 泡タイプのボトル容器に入っているので使いやすく、ハンドソープのような見た目なのでお風呂場でも違和感がありません。 WEB限定先着1,000名様に限り、2,300円で購入することができます。

価格 2,300円
タイプ ソープ
評価 評価4

 

 

きちんと洗ってもデリケートゾーンの臭いが消えない理由

毎日きちんと洗っているのに、デリケートゾーンの臭いが気になる、ということありませんか。
デリケートゾーンが臭う原因は一つではありません。
生理周期や体調などの他、毎日の何気ない生活習慣がデリケートゾーンの臭いの原因になってることも……。

 

 

殺菌力の強い石鹸で洗っている

 

デリケートゾーン におい

 

デリケートゾーンの臭いの原因は汗や皮脂、おりものなどに繁殖した雑菌だと言われています。
「雑菌が原因なら殺菌力の強い石鹸で洗えばいいのね」と考えてしまいがち。
だけど、殺菌力の強い石鹸やボディソープがかえって臭いを強める原因になってしまうことも……。
お肌には常在菌と呼ばれる菌が存在しており、悪玉菌の繁殖を防いでくれています。
しかし、殺菌力の強い石鹸で洗浄することで、お肌にとって必要な常在菌まで洗い流してしまうことになるのだとか。
常在菌は通常、洗い流してもスグに復活します。
しかし、生理周期やストレスなどで免疫力が低下していると、常在菌よりも悪玉菌の方が優勢になってしまうんですね。
また、殺菌力の強い石鹸やボディソープは脱脂力も強く、お肌の乾燥を助長します。
「お肌が乾燥すれば、皮脂が減少するから雑菌も減るのでは?」と一見、良いことのようにも思われます。
乾燥が進行したお肌は、バリア機能を高めるために皮脂を過剰に分泌してしまうのだとか。
ふだんあまり意識することがありませんが、実はデリケートゾーンは身体の中でも皮脂量の多いパーツの一つだそうです。
皮脂バランスを整えることも、デリケートゾーンの臭い対策には大切と言えるかもしれません。

 

 

ホルモンバランスや体調の変化

 

デリケートゾーン におい

 

「ふだんはデリケートゾーンの臭いなんて気にしたこと無かったのに……」
ふとデリケートゾーンの臭いを強く感じることありませんか。
実は、デリケートゾーンの臭いはホルモンバランスや体調によって変化するんだそうです。
生理前になると女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌量が多くなります。
プロゲステロンには皮脂の分泌を促進する働きがあるため、皮脂に含まれる脂肪酸が酸化して臭いを発するそう。
特に生理前には免疫力が低下しやすく雑菌が繁殖しやすいのだとか。
さらに、排卵日が近づくと嗅覚が敏感になるため、臭いを感じやすくなるんですって。
臭いの感じ方にも変化がある、と知っていると少し安心かもしれません。
また、身体が疲れていたり、ストレスがたまっている時もデリケートゾーンの臭いが強くなる傾向があるそうです。
疲労が蓄積していると、免疫力が低下して常在菌のバランスが乱れてしまうのだとか。
疲れがたまっていると、デリケートゾーンの臭いがキツクなった気がする、と感じる人も多いのではないでしょうか。
臭いを気にし過ぎてストレスを感じるのも、臭い対策には逆効果のよう。
デリケートゾーン専用ソープなどで毎日洗浄していれば、必要以上に気にする必要は無いのかもしれません。

 

 

通気性の悪い下着や衣類

 

デリケートゾーン におい

 

下着を選ぶ時にはデザイン重視で、素材なんて気にしない。
冷え症なので、ボトムスの下にストッキングやタイツが欠かせない。
ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は乾きが早くシワになりにくいという特徴があります。
その一方で、吸水性が悪いため蒸れやすく、雑菌の温床になりやすいんです。
ワキガ体質でなくても、化学繊維のシャツを着るとワキ汗臭が強くなるとも言われています。
また、化学繊維はお肌の水分を奪う性質を持った素材が多く、刺激が強いというデメリットも。
デリケートゾーンのかゆみやかぶれに悩まされているという女性も多いのではないでしょうか。
化学繊維素材で皮膚の摩擦を繰り返すことで、肌水分が奪われて炎症の原因になることも多いのだとか。
下着はできるだけ綿100%の素材で出来たものを選ぶと安心。
ジーンズやズボンなどのパンツスタイルの時には、ストッキングやタイツは履かない方が良いでしょう。
生理用ナプキンやおりものシートも長時間つけっぱなしにすると、雑菌が繁殖し臭いの原因となってしまいます。
トイレへ行って空気に触れたナプキンには、空気中の様々な雑菌が付着しているそうです。
経血の付着したナプキンをそのまま使い続けていると、臭いだけでなく細菌性膣炎などの病気の原因にもなるとのこと。
生理用ナプキンもおりものシートも2~3時間ごとに、トイレへ行くたびに交換するように心がけたいですね。

 

 

放置しっぱなしのアンダーヘア

 

デリケートゾーン におい

 

デリケートゾーンは、しっかりと拭き取ってもおりものや尿、経血が毛に付着して残っていることも。
それらの、毛に付着した体液が雑菌を繁殖させ、臭いの原因となっていることもあります。
また、毛量が多いと蒸れやすく、下着の中が雑菌の温床ともなりかねません。
特に生理中は蒸れやかぶれといった肌トラブルを起こしやすいので要注意。
とは言え、VIOは自己処理しづらいパーツなので、エステやクリニックでのVIO脱毛がおすすめです。
「毛を全部無くしてしまうのはちょっと抵抗がある」
という場合には、ワックス脱毛などで定期的に処理しても良いかもしれません。
毛が無くなることで、泡やスキンケア成分が毛に邪魔されずにお肌に届くので、消臭効果も高まります。

 

 

臭いの原因になる食べ物

 

デリケートゾーン におい

 

デリケートゾーンの臭いに関わらず、体臭には食べ物が深く関わっていると言われます。
欧米人にワキガ体質の人が多いのも、動物性たんぱく質の摂取量が多いためなのだとか。
日本でも、食生活の欧米化にともなって、肉や乳製品といった動物性たんぱく質の摂取量が増加しています。
動物性たんぱく質は植物性たんぱく質に比べて消化が悪く、腸内に留まる時間が長いそうです。
確かに、お肉ばかり食べていると便秘になってしまいます。
その結果、腸内で腐敗して毒素を発生してしまうのだとか。
腸内で発生した毒素は血管に取り込まれて全身に行き渡り、汗腺から排出されるそうです。
その結果、体臭が強くなってしまうんですね。
また、ニンニクやネギ、玉ねぎに含まれるアリシンや硫化アリルにも体臭を強くする働きがあるとのこと。
アリシンや硫化アリルはニンニクや玉ねぎの臭いの元となる成分。
大量に摂取することで、血流に乗って全身を巡り汗として分泌されるそうです。
さらに、食品添加物が大量に含まれたジャンクフードやスナック菓子も要注意。
腸内に溜まりやすく、腐敗臭の原因となってしまうのだとか。
とは言え、体臭が気になるあまり神経質に食べ物を気にしていてはかえってストレスがたまります。
日ごろからバランスの良い食生活を心掛けることが大切だと言えそうです。

 

 

何をやっても消えない臭いはすそわきがかも?

デリケートゾーン におい

 

体調や生理に関わらずいつもデリケートゾーンが臭っている。
ジーンズやズボンを履いていても分かるくらい臭いが強い。
そんな強い臭いはもしかすると「すそわきが」かもしれません。
すそわきがの場合、臭いの原因は雑菌ではなく汗。
汗を分泌する汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類が存在します。
ワキガなと汗臭の原因となるのが、大汗腺と呼ばれるアポクリン腺だそうです。
アポクリン腺はワキの他、耳の中、乳輪、肛門、そして陰部に存在する汗腺。
アポクリン腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質の他、糖質や鉄分、アンモニアが含まれているのだそう。
そして、これらの汗成分が常在菌によって分解されることによって臭いが発生するんですって。
一見、厄介者のようにも感じられるアポクリン汗腺。
実はアポクリン汗腺から分泌される汗の臭いは、本来は異性を惹きつけるフェロモンだったのだとか。
実際、「ワキガの人はモテる」「芸能人にはワキガが多い」というウワサもあるようです。
とは言え、あまりにもワキガ臭をぷんぷん振り撒いていると、百年の恋も冷めてしまうかもしれません。
すそわきがの場合は、アポクリン汗腺から分泌される汗が臭いの原因。
なので、汗を止めてしまうことが最も効果的な臭い対策の方法と言えます。

 

 

デリケートゾーン におい

 

一昔前は、ワキガ手術というと汗腺を取り除く危険で大掛かりな手術でした。
しかし、今では電磁波で汗腺を破壊するミラドライやボトックス注射など手軽で安全な方法があります。
「ワキはいいけど、すそわきがの手術は抵抗がある」
そんな場合には、ワキガ専用の制汗剤も数多く販売されています。
すそわきがにも使用できる制汗剤もあるので、そういった製品を利用しても良さそうです。
さすがに、ワキ専用の制汗剤やデオドラントスプレーをそのままデリケートゾーンに使用するのはおすすめしません。

 

 

いつもと違う臭いは要注意!深刻な病気の可能性も?

デリケートゾーン におい

 

女性は身体の周期によってデリケートゾーンの臭いが変化するのが普通。
しかし腐敗臭がしたり、おりものの色に異常がある、かゆみを伴うなどの場合は病気の可能性もあります。

 

 

トリコモナス膣炎

 

トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫と呼ばれる微生物が膣内に入り込み発症する病気です。
性行為の他、温泉やプール、便器の共有などでも感染することがあると言われています。
トリコモナス膣炎に感染すると悪臭を伴った黄色や黄緑色のおりものが分泌されます。
また、排尿時の不快感や痛み、性器のかゆみや痛みといった症状も表れることがあるとのこと。
自然放置しても治癒することは無く、不妊症や早産の原因になることもあるそうです。
その結果、不妊症や流産、早産の他、子宮内膜炎や卵管炎などの病気の原因にもなります。

 

 

腟カンジダ/カンジダ膣炎

 

カンジダは真菌(カビ)の一種で、もともと人間の体内に存在する菌です。
性行為だけでなく、免疫力の低下などにより繁殖することで症状が表れます。
日本人女性の5人に1人が膣カンジダを経験しており、非常に発症しやすい病気なのだとか。
膣カンジダの症状の特徴は、外陰部と膣内部のかゆみを伴った炎症。
また、白や黄色のポソポソとしたカッテージチーズ状のおりものが分泌されます。
カンジダ菌は日和見菌の一種であるため、免疫力が高まると自然治癒することも多いそうです。
とは言え、症状が悪化すると排尿障害になる場合もあるのだとか。

 

 

子宮筋腫

 

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる良性の腫瘍のこと。
30歳以上の女性の20~30%が子宮筋腫を持っていると言われています。
多くの場合は症状が無いため、気付かない人も多いのだとか。
子宮筋腫があると、経血量が増えて、貧血の症状が表れるとのこと。
さらに、経血が異常なほど臭う、レバー状の塊が排出されるという場合にも要注意。
子宮筋腫は放置しても、それ自体が命の危険に関わるという心配は無いそうです。
しかし、生理に伴う貧血や生理痛などの他、排尿困難や便秘、腰痛といった症状の原因にもなるとのこと。
また、子宮筋腫があると流産や早産の確率が高くなるというリスクもあるようです。

 

 

子宮頸がん

 

子宮頸がんは子宮の下部の膣と繋がっている子宮頚部に発症するがんです。
子宮頸がんは初期症状がほとんど無く、まわりの臓器に転移しやすい大変厄介ながんの一種。
子宮頸がんを発症すると、臭いを伴ったおりものの量が増えると言われています。
特におりものの臭いは「腐った魚の臭い」と例えられるほど強烈なもの。
おりものの臭いに異常を感じた場合には、スグに婦人科で検査してもらいましょう。
子宮頸がんの原因にはヒトパピローマウィルス(HPV)と呼ばれる性病ウイルスが深く関わっているそうです。
HPVは性経験のある女性なら50%が感染しているとも言われてる非常にポピュラーなウイルス。
健康であれば免疫作用によってウイルスが排除されるので、必ずしもがん化するワケではありません。
しかし、性経験のある女性であれば年齢や遺伝、体質に関わらず全ての人が発症するリスクがあります。

 

 

実体験から選んだおすすめのデリケートゾーン対策商品

アクアデオの特徴

水虫薬やニキビの治療薬にも活用されている殺菌成分イソプロピルメチルフェノールを配合。 さらに、臭いの原因であるアポクリン腺を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。 臭いそのものを抑制するだけでなく、臭いの原因にもアプローチしてくれる強力なデリケートゾーン専用デオドラント。 一見、ハンドクリームのようなおしゃれな見た目のパッケージなので人目を気にせずに携帯できるのもとても便利です。 また、伝票の商品名は無記名、箱にも商品名、会社名を印字しないなど、プライバシーに配慮した梱包で届くので、家族に内緒でも安心。 ラクトク便ならずっと40%OFFの5,980円で継続可能、継続するほどに割引率がアップしてお得。

価格 5,980円
タイプ クリーム
評価 評価5

ラヴージュの特徴

ラヴージュは専用ソープと保湿美容液がセットになったデリケートゾーン対策グッズです。 デリケートゾーン専用の生石鹸にはアルガンオイル、ダマスクローズ、ヴァージンココナッツオイル。 保湿美容液にはティーツリーオイルやユーカリオイルなど、天然成分にこだわっており素肌に優しい処方です。 ソープはチューブタイプ、保湿美容液はミストタイプなので、お泊りや旅行への携帯にもとても便利。 1ステップ1日80円~というコスパの高さも大きな魅力です。 毎月お届けならソープとローションのセットがずっと45%OFFの4,980円と大変お得。

価格 4,980円
タイプ ソープ&ローション
評価 評価4.5

アンボーテの特徴

タレントの住谷杏奈さんプロデュースのデリケートゾーン専用ソープ。 原材料の98.1%が天然素材、49.8%がオーガニック素材で出来ており、肌への優しさにこだわったソープです。 オーガニック認証エコサートも取得しており、赤ちゃんのお尻洗いとしても使用することができます。 デリケートゾーン専用ソープとは分からない、オシャレなデザインの容器も素敵です。 また、宅配伝票の商品名は雑貨、無地の段ボール箱で届くので、留守中に家族が受け取っても中身がバレる心配はありません。 定期購入なら初回限定71%OFFの1,980円、2回目以降は4,480円で購入可能。

価格 1,980円
タイプ ソープ
評価 評価4.5

イビサソープの特徴

ワックス脱毛サロン「イビサワックス」監修のデリケートゾーン専用ソープ。 イソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムの2種類の殺菌成分で臭いの元となる雑菌を徹底除去。 さらに6種類のジャムウ成分と5種類のビタミンを配合した贅沢な処方です。 泡で出るポンプボトルなので使いやすく、お風呂場に置きっぱなしでもデリケートゾーンソープだとバレる心配もありません。 また、配送の際にも宅配業者にも内容物が分からないように配慮されており、受け取りも安心。 28日以内なら返金保証があり、定期コースなら31%OFFの3,970円で継続可能です。

価格 3,970円
タイプ ソープ
評価 評価4

コラージュフルフル泡石鹸の特徴

抗真菌(抗カビ)成分と殺菌成分のダブルの作用で臭いだけでなく菌の繁殖を抑制。 膣カンジダの予防にも最適です。 弱酸性、低刺激性と赤ちゃんのお尻洗いにも使える優しさなので、敏感肌でも安心して使うことができます。 泡タイプのボトル容器に入っているので使いやすく、ハンドソープのような見た目なのでお風呂場でも違和感がありません。 WEB限定先着1,000名様に限り、2,300円で購入することができます。

価格 2,300円
タイプ ソープ
評価 評価4

 

 

このページの先頭へ